脳と痛みの関係を徒手医学の観点から追究する臨床研究会。脳科学に立脚した最新の医療技術BFI-三上が唱える“痛み記憶の再生理論”に基づき脳内補完の過活動(脳における情報処理システムのエラー)を形成する動的神経回路の再統合を促す徒手医学-。

痛み 記憶 脳科学 原因 症状 治療 しびれ 神経 専門 名医 東京 埼玉 千葉 茨城 腰痛 肩こり 頭痛 四十肩 自律神経測定 スポーツ障害 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 根本 治癒 回復  

≪第4回一般公開【特別講演会】のご案内≫

  • H30年10月21日(日)一般講演会

    演題『痛みとは何か?-その深淵なる世界-
    -最新の脳科学が示唆する痛みと無意識(潜在意識)の関係!  これを実証するBFIの臨床!  根底から覆される痛みの概念!  医療者にとって真の教科書は“患者さん”!  「事件は“研究室”で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」  心ゆさぶる実例の数々を一挙公開!  知れば納得!  痛みに支配される人生と痛みを支配する人生…、あなたはどちらを選びますか?-


    ※前回の講演会で予告した演題『脳内タイムマシーン-相対性理論と量子力学が暗示する脳の正体-』につきましては、別の機会(スピンオフ講演会)に譲ることに致しました。詳細が決まり次第当サイトにて告知させていただきます。

    講師 :BFI研究会代表 三上敦士➡プロフィール(ラジオの紹介ページ)
                                                          

  • ―「被験者に別れた恋人の写真を見せると、その人の脳内では慢性痛に関わる領域のみならず、外傷の痛みをキャッチするエリアまで活性化する」―

    「患部ではなく患者さんを診る」というスタンスを重視する当会の中では、「ケガの痛みもメンタルの影響を強く受ける」ことは半ば常識となっています。冒頭に掲げた実験報告はそうした私どもの見識を裏づけるものであり、脳科学による追証(追い風)はとどまることを知りません。
     

  • 当会はこれまで整形外科における画像診断の虚実、運動機能と痛みを切り離す視点の重要性、脳疲労が痛み回路を賦活させてしまうメカニズム、触覚を介した微弱信号が脳を変えることなどを報告してまいりました。

    そして今回いよいよ最終章とも言うべき核心に焦点を当てて、その知られざる実態を“告発”いたします。
     

  • 当日は痛み研究の歴史を紐解きながら、内臓や脳はメスで切っても痛くない、知能を高めたマウスは痛みに敏感になるなど、痛みにまつわるプチ雑学や近年の脳科学の知見を紹介します。

    そのうえでBFI の臨床で何が分かったのか、なぜ手術で治る人と治らない人がいるのか、強刺激を欲する脳と欲しない脳の違いは何なのか、究極の慢性痛と言われるCRPS(RSD)の正体は何なのか、CRPS(RSD)と発達個性(※)の関係性とは? サイコパス(ハンターブレイン)および非サイコパス(ナースブレイン)と発達個性の関係性とは? 「うつ病や認知症を回避するための痛み」とはいったい何なのか、“その患者さん”はなぜ号泣したのか、臨床現場で繰り広げられる現実のドラマをお伝えいたします。

    ※…当会は発達障害について“発達個性”と言い改めるべきと考えています。

    ヒトの脳活動は意識より前に“無意識”が先行することが分かっています。直感やひらめき等々についても意識と無意識の間(はざま)-当会が境界意識と呼ぶ概念-に謎を解くカギがあると言われています。私どもは「直観力の低下は認知症のリスク因子であり、嗅覚の衰えよりも先に現れやすい!認知症の真の原因は脳疲労である!その脳疲労を解消させるものが境界意識であり、BFI は境界意識に働きかける効果を包含する」と考えています。

    『リアルな症例の背景に浮かぶ人間模様を観察することで、認知症と痛みの真の関係を理解することで、あなたやあなたの家族の未来をより確かなものにすることができる』

    痛みやしびれをはじめ様々な体調不良を抱えている方、そうしたご家族をお持ちの方、BFI認定院に通院中の患者様およびそのご家族やご友人、BFI に興味のある医療者等々、どなた様にとっても有意義な時間となることをお約束致します。万障繰り合わせのうえ奮ってご参加ください。

                                                              

  • ・場所:大宮ソニックシティ6F 603会議室
          JR大宮駅西口から徒歩3分

    ・日時:平成30年10月21日(日) 12:30~15:00 (受付12:00~)

       ※講演終了後(15:00~16:00)に質疑応答の時間を予定しています
        (参加の有無や途中退席等は自由です)。皆様の疑問やご質問に全力でお答えいたします。

    ・参加費:3,000 (当日会場にて申し受けます)

        ※会員の先生方ももちろん参加OKです。


                                                          

 ◆…お申込み方法…◆

2通りの方法がございますので、どちらか一方をお選び下さい。

  • 【方法その1】(当サイトの送信フォーム)
    ➡お申込みはこちら
    送信後に届けられる自動返信メールをプリントアウトして、当日受付にご提出ください。
     

                        

  • 下記の申込方法は只今準備中です。

    【方法その2】(住所や電話番号等の入力が不要かつペーパーレスです)
    ➡お申込みはこちら
    上記ページはイベント管理サービス「ピーティックス」のログインページです。アカウント作成➡当日チケット(スマホが整理券代わり)の発行という流れになります。⇒詳しくはこちら
     

                                                          

 ◇…会場のご案内…◇